本文へスキップ

ご案内

 豊浜東まちづくり協議会

豊浜東まちづくり協議会事務所 
豊浜東まちづくり協議会事務所
豊浜東小学校
豊浜東小学校

 周辺紹介

周辺紹介

 地域の伝統行事

御田植祭

御田植祭 御田植祭 御田植 御田植
地域の氏神である高羽江社では、5月3日に御田植祭が執り行われます。
100年以上続く伝統行事であり、中学2年生の方が早乙女を務め神社で御祈祷を行った後、神田に向かい苗を植え  ます。
近年は早乙女の人数も減少していますが長年の伝統が継承されています。


追放(おいやれ)行事

おいやれ おいやれ おいやれ おいやれ
古くから虫送りの行事として、松明に火をつけ無病息災を願って町内を歩き 近くの川まで松明を運びます。
西条地区では7月12日老人会が主となり、午後4時に高羽江社前で藁に火が点火され、事前に準備した松明に火を
つけて、鐘を鳴らしながら町内を歩き川まで松明を運びます。

「かんこ踊り」

かんこ踊り かんこ踊り かんこ踊り かんこ踊り
初盆の供養踊りとして古くから執り行われている「かんこ踊り」が、8月14日に土路・西条・樫原の3地区のお寺で
行われます。
午後10時ごろ各地区のお寺で、衣装を纏った踊子が太鼓のうち手に合わせて踊り初盆者の霊を慰めます。


会式

会式 会式 会式
高羽江社の秋の祭典である「会式」の行事が毎年9月18日夜7時ごろに執り行われます。
「十二灯」と言う高さ5メートルほどの竹で作った支柱に12個の花火が取り付けられ、一斉に点火され一年間の無病
息災を願う神事です。


富士講(富士山信仰のための講)

東豊浜町地区では12年に一度「申年」に富士山信仰のための富士講が執り行われます。
平成28年の申年は西条地区では7月21日、土路地区では7月23日に出発し、夜間に山頂をめざしご来光を崇拝し
ます。
町内では参加家族を中心に、登頂開始に合わせ祈願のための踊りが下山するまで夜通し執り行われす。
富士講 





contents

豊浜東まちづくり協議会

〒515-0502
三重県伊勢市東豊浜町1458-4

TEL・FAX 0596-63-6625
開設時間 9:00〜15:00
    (水・土・日・祝日休み)

copyright©2016 Toyohamahigashi all rights reserved.